社会・政治

ブロードリンクの事業内容は?社員がHDDをオークションで転売した理由や倒産の噂も調査

先日、神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、多くの個人情報を含むデータが流出した問題が発覚しました。

そのHDDの処分を請け負っていたのが「ブロードリンク」という会社です。

今回はこのブロードリンクとはどんな会社なのか事業内容を紹介しつつ、ブロードリンクの社員がHDDの転売に至った経緯などについてまとめていきます!

ブロードリンクってどんな(何の)会社?事業内容は?

ブロードリンクの事業内容は?社員がHDDをオークションで転売した理由や倒産の噂も調査

まず、ブロードリンクがどんな会社かについて簡単に説明します。

ブロードリンクは、PC、タブレット、スマートフォン、サーバーなど、さまざまな情報機器の買取や再販、レンタルをしている会社です。

さらに今回の問題で神奈川県庁が依頼していたように、古くなったオフィス不用品の買取や回収も行っています。

ブロードリンクの公式Webサイトの事業内容のページでは、「企業PC買取りのプロフェッショナルとして」とうたっており、安心や安全面をアピールしているように思えます。

そんなプロフェッショナル集団が集まる会社から、こういった問題を起こす社員が出てしまったわけですから、それはもう大問題ですよね。

しかも、流失したのは行政が保管していた県民の個人情報です。

ブロードリンクは今回の問題で大きな信用を失ったことに間違いはないでしょう。

ブロードリンクの社員はなぜオークションでHDDを転売したの?理由は

ブロードリンクの事業内容は?社員がHDDをオークションで転売した理由や倒産の噂も調査

では、なぜ今回ブロードリンクの社員はHDDをオークションで転売したのでしょうか?

今回逮捕されたのは、ブロードリンク元社員の高橋雄一容疑者(51歳)です。

高橋容疑者は、取り調べに対して「簡単だったので毎日のように盗んだ」と供述しているそうです。

毎日のように盗める状況というのは、個人情報を取り扱う会社として一体どんなセキュリティの甘さだったのでしょう。

そして、簡単に盗めたが故に転売をしてしまう犯人も本当に呆れてものがいえません。

実は、オークションサイトで中古のHDDは需要のあるもので、種類や型にもよりますが、数千円~数十万円で取引されるものもあるようです。

高橋容疑者はこれに目を付け、過去、ネットオークションに7844個を出品・落札されていたことが確認されています。

当たり前ですが、「処分をするものだから」という理由で会社のものを横領するのは犯罪です。

このようなことはどの会社でも起こらないよう徹底してほしいですね。

ブロードリンクは倒産?業績低下?会社の今後について

ブロードリンクの事業内容は?社員がHDDをオークションで転売した理由や倒産の噂も調査

ブロードリンクは今回の問題を受けて、お詫びと再発防止策について発表しています。

しかし、問題による事業へのダメージは計り知れませんよね。

12月9日には防衛省がブロードリンクを9カ月間の指名停止にするなど、既に各所への影響が出始めています。

現在の状況では倒産するなどの見通しまではたちませんが、個人情報を扱う会社であるはずのブロードリンクが信頼を失ったことは、必ず業績の低下につながるでしょう。

そのあたりは、今後の対応を誠実にきちんと行い、再発防止に努め、二度とこのようなことがないよう、セキュリティ面と社員教育をしっかりとするしかありませんね。

ブロードリンクに対するネットの反応

ブロードリンクの事業内容は?社員がHDDをオークションで転売した理由や倒産の噂も調査最後にブロードリンクに対してのネット上の反応をみていきます。

ブロードリンクとの取引があれば、もちろんその関連会社も信用を失いますから大変です。

一人の悪行がさまざまな方面に影響を与えていたんですね。

かなりの数のHDDが持ち出されていたにもかかわらず、それが問題視されなかった体制にも批判が集まっています。

普通は数が減っていたら誰かが気づいて報告するなりしますからね。

今後の再発防止策の中に、写真を撮ることが挙げられていましたのでこの点は改善されることを祈りましょう。

ブロードリンクの事業内容は?社員がHDDをオークションで転売した理由や倒産の噂も調査まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はブロードリンク元社員がHDDを転売していた問題についてまとめてきました。

このような問題は本来決してあってはならないことですが、神奈川県庁が依頼するほどの大きな会社でも起きてしまうことがあるということが驚きでしたね。

私たちの大切な情報を預かっているのですから、安心・安全に努めていただきたい限りです。

では、今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

error: Content is protected !!