芸能・ゴシップ

平岩理緒(スイーツジャーナリスト)のプロフィール!経歴がスゴすぎるけど結婚や離婚歴は?

世の中には1か月に数百種類を超えるスイーツを食べ歩くという「スイーツジャーナリスト」がいることをご存知でしょうか。

今回ご紹介する平岩理緒もそんなスイーツジャーナリストの1人です。

平岩理緒はこれまでに何度もお菓子の専門雑誌やテレビなどの各メディアに取り上げられ、その度にスイーツの良さを世に広めてきました。

商品開発や著書の出版に携わったこともあり、まさにスイーツの専門家であり、スペシャリスト!

そんな平岩理緒はどんなプロフィールや経歴の人物なのか?

結婚や離婚歴の有無や、マツコの知らない世界で紹介されたケーキのお取り寄せ(通販)情報についてまとめていきたいと思います。

平岩理緒(スイーツジャーナリスト)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019年12月17日火20:57〜、TBS『マツコの知らない世界』の「クリスマスケーキの世界」に出演します。 番組HPで告知と予告動画をご覧いただけます。 https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/ パネルに映ったクリスマスケーキ画像、全店わかったらかなりのスイーツマニア! 2015年12月にこのテーマで、翌2016年2月に「埼玉スイーツの世界」で出演して以来、まさかの3度目となりました。撮影や収録にご協力いただきました関係各位に、改めてお礼申し上げます。 中には早々に完売しているクリスマスケーキもありますが、まだ予約・購入が間に合う品を出来るだけ色々ご紹介しますので、ご参考になれば幸いです。 この番組に出演して以来、マツコさんはどんな感じだったかとよく聞かれるのですが、とても気を遣われる方であることが、収録中の様々な言動からも伝わってきます。 今のクリスマスケーキ、ひいてはスイーツ業界の現状を知っていただきながら、楽しんでいただければと。 食べ手にとっても作り手にとっても、2019年、幸せなクリスマスになるよう願っています! #マツコの知らない世界 #クリスマスケーキ2019

平岩理緒@幸せのケーキ共和国(@rio_hiraiwa)がシェアした投稿 –

名前:平岩理緒(ひらいわ りお)

生年月日:1975年 月日は不明

年齢:44歳か45歳

出身地:東京都港区

学歴:東京製菓専門学校洋菓子専科卒業

職業:スイーツジャーナリスト

運営サイト:幸せのケーキ共和国

ツイッター:平岩理緒@幸せのケーキ共和国

インスタグラム:rio_hiraiwa

Facebook:幸せのケーキ共和国Facebookページ

その他:専門家がノウハウやコラムを提供してくれる生活総合情報サイト「All About(オールアバウト)」や、「お取り寄せネット」の達人としても活動中!

後に紹介しますが、ご自身の活動や経歴、スイーツに関しては惜しみなく情報を発信されているのですが、プロフィールのような個人的な情報はあまり見つかりませんでした。

お仕事に関係がないとも言える部分なので、合理的というか職人肌というか。

活動の幅がとても広いことと合わせて、仕事一筋の方なのかな?という印象を受けましたね。それだけ真剣に発信されているなら、平岩理緒さんが紹介しているものはハズレが無さそうです!

平岩理緒(スイーツジャーナリスト)のスゴすぎる経歴

それでは平岩理緒さんのスゴすぎる経歴を紹介します!

まずは略歴です。

2000年:マーケティング会社に入社

2001年11月:ケーキ好きのためのWEBコミュニティ「幸せのケーキ共和国」スタート

2002年7月:TV東京『TVチャンピオン』デパ地下選手権で優勝。

2002年:日本フードコーディネーター協会(JFCA)3級認定

2003年:チーズプロフェッショナル協会(C.P.A.)認定資格取得

2004年:日本フードコーディネーター協会「食のマーケティング」分野2級認定

2005年:日本フードコーディネーター協会「レストランプロデュース」分野2級定

2006年10月:退社後、フリーのスイーツジャーナリスト®として活動開始

2007年11月:フランスチーズ鑑評騎士(シュヴァリエ)叙任

2009年3月:東京製菓専門学校洋菓子専科卒業

これだけ見ると、「そんなにスゴイ人なの?」と疑問に思う人もいるでしょう…。

しかしその活動内容を見てみると、情報量の多さに圧倒されること間違いなし!

平岩理緒さんのこれまでの活動内容

著書・監修本

『厳選ショコラ手帖』(世界文化社 2017年10月)
『厳選スイーツ手帖』(世界文化社 2017年7月)
『東京最高のパティスリー』(ぴあ 2015年3月)
『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWAメディアファクトリー 2015年3月)
『3つ星スイーツ プロが選ぶ究極の逸品130』(日本経済新聞社出版 2013年5月)
『アフター6のスイーツマニア』(マーブルトロン 2008年5月)

一般雑誌掲載歴

『料理王国』(料理王国社)
『家庭画報』(世界文化社)
『婦人画報』(ハースト婦人画報社)
『LEE』『MORE』(集英社)
『Grazia』(講談社)
『Ray』(主婦の友社)
『CREA』(文藝春秋社)
『ESSE』(扶桑社)
『東京ウォーカー』『横浜ウォーカー』『Chou Chou』『レタスクラブ』(角川書店)
『Hanako』『anan』『クロワッサン』(マガジンハウス)
『東京カレンダー』(東京カレンダー)
『日経WOMAN』『日経トレンディ』(日経ホーム出版社)
『日経おとなのOFF』『日経レストラン』(日経BP社)
『HERS』『女性自身』(光文社)
『女性セブン』(小学館)
『TOKYO1週間』(講談社)
『ウレぴあ』(ぴあ株式会社)
『L25』『R25』『HOT PEPPER Beauty』(リクルート)
『週刊朝日』(朝日新聞社)
『月刊EXILE』(フラックス・パブリッシング)など

菓子専門誌掲載歴

『PCG』(全日本洋菓子工業会)
『月刊製菓製パン』(製菓実験社)
『月刊Patisserie』(韓国・BnC)など

ムック(本)歴

『東京絶品スイーツ』『東京のデザート』(ぴあMOOK 2017年)
『るるぶ東京』(JTBパブリッシング 2015年~)
『美味おやつ』(洋泉社 2015年)
『Sweets at home かわいくておいしい、おうちお菓子の本』Vol1~3(主婦と生活社 2008年~)
『東京 ひとりで行ける上質ごはん』(フードジャーナリスト会議編 東京書籍 2009年)
『Sweet Lovely 1000 sweets』(宝島社)
『おいしいお取り寄せのある生活 ~グルメな有名人47名の食卓を拝見!  あの美食の達人たちを唸らせた一流の味131品』(晋遊舎)など

新聞掲載歴

『日経インテレッセ』首都圏・東海・関西・九州版「お勧めデパ地下スイーツ」連載
『日経新聞電子版』今週の3つ星スイーツ選定委員
『日経新聞土曜版・NIKKEIプラス1』なんでもランキング
『読売新聞』/『朝日新聞』/『毎日新聞』/『シティリビング』/『東京リビング』 など

テレビ出演歴

『美の壺』(NHKBSプレミアム)
『あさイチ』(NHK総合)
『グレーテルのかまど』(NHK教育)
『ZIP!』『メレンゲの気持ち』『シューイチ』『ニノさん』『ズームイン!!SUPER』『ニュースプラス1』(日本TV)
『マツコの知らない世界』『はなまるマーケット』『ひるおび!』(TBS)
『笑っていいとも!』『ノンストップ!』『イケタク』(フジTV)
『SmaSTATION!!』『いきなり!黄金伝説。』『グッド!モーニング』『シルシルミシル』『ワイド!スクランブル』『モーニングバード』(TV朝日)
『フカボリン』『知っとこ!』(TV東京)
『U・LA・LA』『モーニングサプリ』(東京MXTV)など出演、その他監修等

ラジオ出演歴

『I A.M.』(J-WAVE)「今日はおとりよせ日和」コーナーに不定期出演(~2015年)
『RENDEZ-VOUS』(J-WAVE)「フード」をテーマにレギュラー出演(2007年~2009年)
『POWER BAY MORNING』(bayfm)/『生島ヒロシのおはよう一直線』『安住紳一郎の日曜天国』『プレシャスサンデー』(TBSラジオ)/『たまなび』(文化放送) など

WEBコラム執筆・掲載歴

All About スイーツガイド
『お取り寄せネット』(「お取り寄せの達人」コーナー)
東急フードショー「スイーツ探検記」(2007年11月~)
まちおやつプロジェクト(2017年3月~)
ヒーリングiタウン「喜ばれて自分もうれしい手土産スイーツ」コラム (2009年10月~2010年3月)
『スイーツ部@ニフティ』 スイーツマニア・平岩が走る!スイーツ最前線(2009年~2015年)
ニフティ「本当においしいスイーツレポ!スイーツ部ログ」デパ地下スイーツ(2007年4月~2008年)
江崎グリコ「ホテルチョコレート」恋する・旅するチョコブログ(2006年10月~2009年3月)
三越「菓遊庵」今月のコレ!(2006年2月~2007年2月) など

商品監修・レシピ開発歴

ファミリーマート×All About「みんなで挽きたてコーヒーに合う商品を開発しよう♪」商品アイディア担当(2015年)
愛媛県 えひめ愛フード推進機構 県産イチゴ「あまおとめ」コンフィチュール開発プロジェクト(2009-2010年)
神奈川県二宮町 加工特産品開発プロジェクト(2009-2010年)
森永乳業「黄金比率バニラプリン」(2009年)
群馬県上野村 加工特産品開発プロジェクト(2007年)
江崎グリコ「aromamo」 チョコレートレシピ開発(2006年)
その他、各都道府県自治体主体のプロジェクト等にアドバイザーとして参加

学校・カルチャースクール

レコール・バンタン講師(2009年4月~)
よみうり・日本テレビ文化センター講師(2008年4月~)
「お取り寄せスイーツ」「産地直送フルーツランチ」「チョコレートの基礎・トレンド」 など
銀座おとな塾講師(2010年4月~)「お取り寄せスイーツ」「銀座のお薦めスイーツ」
産経学園(2010年9月~)「東急沿線スイーツ」「中央線沿線スイーツ」「小田急沿線スイーツ」など
家庭画報アカデミー(2016年7月~)「旬のフルーツ×フランス料理の新たな魅力」
HAPPY COOKING(2017年4月~)「注目の実力派パティシエのスイーツを楽しむ会」
セブンアカデミー(2017年7月~)「『厳選スイーツ手帖』のスイーツを食べ比べ」「『厳選ショコラ手帖』のショコラ&チョコレート菓子を食べ比べ」

トークショー・講演・セミナー歴

「えひめスイーツコンテスト」トークショー出演(2009年~)
「ホビークッキングフェア2009」トークショー(「今注目のスイーツ&デザート」 2009年5月)
東急百貨店東横店「SHIBUYAスイーツコレクション2009」トークショー (×ラ・スプランドゥール 藤川浩史シェフ 2009年1月)
農工商連携「愛媛スイーツ」推進フォーラム基調講演、パネルディスカッション (「“愛媛スイーツ”の可能性」 2009年1月)
チーズ専門店「フェルミエ」 チーズとコンフィチュールのマリアージュセミナー講師(2006年)、チーズとチョコレートのマリアージュセミナー講師(2013年~2014年)
「FABEX2006 デザート・スイーツ・ドリンク展」トークセッション (「デザート・スイーツの現状と今後について」 2006年4月)
「FOODEX JAPAN 2005」講演(「デパ地下の現状と今後」 2005年3月)
小田急百貨店1周年記念スイーツ企画「サンベリーナ」発売 (×Q.E.D.パティスリー板橋恒久シェフ 2004年3月)
中央区江戸開府400年記念事業実行会 大江戸味わい広場トークショー (×飛石なぎさん  2003年10月)
小田急百貨店デパ地下リニューアルトークショー(×中村有志さん 2003年3月)など

司会・解説歴

「モバックショウ」内「WPTC JAPAN SELECTION ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ日本予選」MC(2007年、2009年、2011年、2013年)
「FABEX デザート・スイーツ・ドリンク展」「グラス(氷菓)を使ったアシェット・デセールコンテスト」解説(2007年~2014年)
「ROLL-1グランプリ スイーツコンテスト」解説(2012年、2013年)
日本橋三越「第3回全国ホテル逸品グルメフェア」 「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2007 日本チーム優勝記念 帝国ホテル市川ショコラティエトークショー」司会(2007年5月)など

コンテスト審査員歴

「えひめスイーツコンテスト」審査員(2009年~)
「キリ クリームチーズコンクール」審査員(2013年、2015年)
「ROLL-1グランプリ スイーツコンテスト」審査員(2014年~2016年)
「松本スイーツコンテスト」審査員(2015年~)など

引用元:幸せのケーキ共和国

多すぎ!多すぎ!

テレビ出演歴の「マツコの知らない世界」に関しては、2019年12月17日の放送で3度目になるため、実際にはこの一覧表よりもいくらか多くなりそうです…パワフルな方ですね!

そもそも平岩理緒さんは、高校の教員になりたいと思っていたそうですが、当時アルバイトでパンの販売を経験したことから、接客業に楽しさややりがいを感じたとのこと。

そして販売にも興味を持って、マーケティングの仕事に就くことになりました。

それが今から約20年前の2000年ですね!

そこで商品開発・プロモーション・店頭販促などの現場を知りサポートしていく中で「人と人をつなぐ仕事」の楽しさに触れた平岩理緒さん。

元々先生になりたいと思っていたくらいですから、コミュニケーション能力に長けていたり、人と向き合って接することが好きな方だったのでしょうね。

また、お母様が栄養士であり、大学の家政学部で先生をしていたことも関係しているのかもしれません。平岩理緒さんの「食」への関心や、人と接すること、伝えることを教えたのはお母様だったのかもしれませんね。

 

平岩理緒さんは2001年に現在も運営を続けている「幸せのケーキ共和国(WEBサイト)」を立ち上げ、自分の好きなことを通じてコミュニケーションを取れる場所を作っていきます。

そうして人脈も広がっていき、2002年のTVチャンピオンの出演を機に、スイーツ中心の情報を発信する機会を多く得たとのこと。

平岩理緒さんは自身の性格について、自分の興味のあることはとことん調べる性格で、自分で確かめないと気が済まない性格と分析されていて、その結果が今の「スイーツジャーナリスト」という仕事に繋がっていると考えているそうです。

実際に確かめないと気が済まない性格…これって今の情報に溢れている時代だと、めちゃくちゃ原動力が生まれる性格ですよね!

スイーツ1つにしても、自分で食べてみないと評価は出来ないですもんね。

平岩理緒(スイーツジャーナリスト)の結婚・離婚歴は?独身なの?

現在44歳もしくは45歳の平岩理緒さんですが、とてもお綺麗な方なので、「結婚はしてるの?独身なの?」と気になってしまう方もいるようです。

そのせいもあってか、「平岩理緒」とGoogleで検索しようとすると、「平岩理緒 離婚」というワードが表示されていました。

筆者も気になったので調査してみましたが、結婚しているといった情報や、離婚しているという情報は見つかりませんでした。

年齢的には結婚されていてもおかしくはありませんが、これまで見てきた限りの印象では、とても仕事に熱心な方なので今はまだ独身で仕事に専念されているのかもしれませんね。

平岩理緒が紹介!マツコの知らない世界で登場した切り株や丸太のケーキのお取り寄せや通販は?

マツコの知らない世界で登場したこちらのケーキ。とても美味しそうですが、残念ながらお取り寄せも通販もないとのこと…。

それどころかわずか5台・10台のみの限定商品でした!(販売場所はウェスティンホテル東京)

食べられない限定商品を番組で紹介するのやめてくれええ!

木箱の中で丸太を積み重ねたようなケーキは名前を「MA.RU.TA 2019 チョコレートケーキ」と言い、お値段はなんと4万2000円!

芸術作品のような見た目もさることながら、ピスタチオ・チョコレート・プラリネの3種類のクリームや、たっぷりのブラウニーで作られている絶品スイーツ。

5台のみの限定クリスマスケーキとのことで、番組を見たほとんどの人が食べることが出来ないであろうこのケーキ…いつかは食べてみたいものですね。

切り株の方は名前を「KI.RI.KA.BU タルトショコラ」と言って、お値段は1万5000円。

丸太と比べるとかなり手が出しやすい価格設定ですね。

こちらはなんと10台も販売してくれるそうです!ヤッター!…いや少ないわっ!(一人ツッコみ)

こちらも食べることは出来なそうですね…残念。

 

しかし平岩理緒さんは、まだ購入や予約が間に合う商品も多く紹介するとおっしゃっていたので、他のケーキに期待しましょう。

というわけで今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

倉橋佳彦(日本茶バリスタ)のwikiプロフィールや経歴!出身高校や年齢、お店情報も 【マツコの知らない世界】
倉橋佳彦(日本茶バリスタ)のwikiプロフィールや経歴!出身高校や年齢、お店情報も 【マツコの知らない世界】倉橋佳彦!日本茶の美味しさだけではなく作り手である農家さんの思いまで、お茶の魅力を余すところなく伝える日本茶バリスタです。 倉橋佳...
清田みくりのwikiプロフィールや出身中学・高校は?経歴、かわいいインスタグラム画像も紹介!
清田みくりのwikiプロフィールや出身中学・高校は?経歴、かわいいインスタグラム画像も紹介!この記事では今話題の女優・清田みくりについてご紹介します。 現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリンピック噺(ばなし)~...
error: Content is protected !!