生活のハウツー

お賽銭で5円がないときや100円玉のときどうする?縁起のいい金額や1円・55円等の意味も

お賽銭っていったいいくら入れればいいのでしょうか?お賽銭の金額を決めるときには、何かこうしなければいけないなどと言う決まりはあるのかどうか、疑問がわいてきますね!

初詣で並んでいる際に、お賽銭をと思ったら5円玉が見つからないとか、100円玉しかない場合にはどうすればいいのでしょうか?しかし、そもそもお賽銭っていくらすれば良いのでしょうか?縁起の良い金額を選ばなければいけないの?それっていったいいくらなの?考え出すと、どんどんわからなくなって来てしまいます。

1円とか55円などそれぞれの金額の意味も含めて、気になるお賽銭の疑問点を解決していきましょう!

神社のお賽銭の作法!正しいお賽銭のやり方は?初詣で役立つお賽銭の仕方紹介
神社のお賽銭の作法!正しいお賽銭のやり方は?初詣で役立つお賽銭の仕方紹介神社での初詣の際のお賽銭の作法ってどうすればいいのでしょうか? 正しいお賽銭の入れ方はどうすればいいの?何か決まりや作法があるので...
初詣はいつまでやってる?二か所や複数など神社の行き過ぎは良くないって本当?
初詣は仏滅・大安を気にすべき?初詣に良い日や六曜について初詣に行く際には仏滅とか大安などの日どりを考えないといけないのでしょうか? 初詣にふさわしい日どりや六曜はいつがいいのか気になりま...

お賽銭で5円玉がないときや100円玉しかないとき!他の縁起がいい金額は?1円玉でもいいの?

お賽銭で5円がないときや100円玉のときどうする?縁起のいい金額や1円・55円等の意味も

皆さんもお正月には神社に初詣に出掛けることと思います。

初詣に行ったら、新年のお参りをする際には、大多数の人は必ずお賽銭を入れますよね?

お賽銭を入れないままお参りというのは聞いたことがありません。

そこ皆さんは、お賽銭の金額をいくらにしようか悩んだ経験はありませんか?

私はいつも悩んでしまうのです。

結論から言いますと、お賽銭の金額に決まりはありません。

ご自身の願いや気持ちを込めた硬貨やお札であればいいのです。

今回は、気になるお賽銭の好ましい金額についてご紹介いたします。

お賽銭にはやはり5円玉じゃなきゃいけないの?

お賽銭で5円がないときや100円玉のときどうする?縁起のいい金額や1円・55円等の意味も

いったんお賽銭の額のことが気になりだすと、やはり落ち着かないものです。

あんまり少額でもまずいのかな?、とか、かといってあまりにも高額な金額は出せないかな?、などとあれこれ考えてしまいます。

隣の人はいったいいくら入れるんだろう?なんてことも気になっちゃったりしますね!

お賽銭というと、5円玉を思いつく人も多いかもしれませんね。

5円玉は以前から、「ご縁がありますように」という意味合いがあり、縁起の良いもの、とされているのはよく聞く話しですよね。

お賽銭には、その他にも金額の決まりがあるのかないのか、せっかく5円にしようと決めていたのに、お財布をのぞいたら5円玉が入っていなかった!

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

隣の人に小銭を借りている人も時々見かけますね。

でも、こだわりのある金額を入れたい場合には、事前に希望の硬貨を用意しておくと安心です。

お賽銭に100円や1円は大丈夫?

いざお賽銭を入れようとしてお財布を見てみたら、「あれ?どうしよう!」「思っていた硬貨がない!」などという事もあります。

本当にそういう時に限って、使いたい硬貨が入っていないという事はままあることなのです。

そんな場合には、100円玉でも1円玉でも大丈夫なの?

じつは、100円でも1円でも良い意味合いがあるので大丈夫なのです。

まずはじめに100円の場合は、「100のご縁がありますように」といった意味合いで、縁起が良いと言えます。

それでは次に、1円はどうでしょうか?

なんと、1円にも「ご縁がありますように」という意味合いがあるそうですよ。

なので、1円玉1つであったとしても大丈夫と言えば大丈夫ですが、大人の場合、さすがに1円玉1つでは少額すぎるという懸念もあります。

気前よくお札を投げ入れている人を見たりすると、自分は小銭で大丈夫?などと心配になったりもしますよね?

中には帯の付いた札束を投げ入れるような方もいらっしゃいます。

でも、そこは人それぞれ、ご自身の思いや願いのこもった金額を考えてみましょう。

賽銭箱に入れるお賽銭の金額!縁起がいいのは5円/11円/20円/25円/41円/45円/55円?その意味とは

お賽銭で5円がないときや100円玉のときどうする?縁起のいい金額や1円・55円等の意味も

お賽銭の金額には、それぞれお賽銭を投げ入れる人にとっての意味があります。

これらはいわゆる語呂合わせから決まる金額ですね。

一般的に良く言われる語呂合わせの一例を見てみましょう。

5円玉 ご縁がありますように
11円 いいご縁がありますように
20円 いいご縁がありますように
25円(5円玉5枚) 二重にご縁がありますように
41円 終始いいご縁がありますように
45円 終始ご縁がありますように
55円(5円玉11枚) いつでもご縁がありますように

一般的に、5円玉は縁起がいいと昔から言われていますよね。

しかし、近年5円は間違いという説もあります。

また、子どもならいいのですが、大人の場合5円だと少額すぎるという考えもあります。

このように色々な説や考えを聞いてしまうとさらに悩んでしまいますが、ご自身で意味合いを把握し、願いを込めた金額を決めてみてはいかがでしょうか?

お賽銭は3/6/9になるようにするといい?天の数とは

お賽銭で5円がないときや100円玉のときどうする?縁起のいい金額や1円・55円等の意味も

5円はダメと聞いてしまうと、それではいったいどうすればいいのかわからなくなってしまいますよね?

神社でお参りをする場合、お賽銭の金額を天の数にすると良いという説もあります。

聞きなれない言葉ですが、天の数っていったい何?

天の数とは、「天に最も近い数字」とされており、神様につながりやすい数字と言われています。

具体的には、天の数とは、「3、6、9」の数字のことを言います。

お賽銭の額を決めるとき、この天の数「3、6、9」にすると、良いそうですよ!

天の数と言っても具体的にどうすればいいのかよくわかりませんよね?

どういう事かと言うと、足した数字の合計が、3か6か9になると良いという説なのです。

例えば、

1+8+0=9(100円+80円=180円)

2+4+0=(200円+40円=240円)

などとなります。

簡単に、300円、600円、900円という金額でも良いそうです。

色々とご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

お賽銭の金額はご自身のそれぞれが、納得して決めることが大切ですね。

お財布事情を鑑みながら無理のない金額、しかし神様への気持ちを込めた金額を決めると良いと思います!

少額だからダメ、とか高額だと願いが叶うなどと言うことは全くないと思います。

ぜひ今度の初詣の際には、ご自分の思いや願いを込めた額のお賽銭を入れて、神様にお参りしてみましょう!

今までよりも気持ちのこもったお参りになることと思います。

こちらの記事が皆さまのお役に立てましたら嬉しいです。

お読みいただきましてありがとうございました。

神社のお賽銭の作法!正しいお賽銭のやり方は?初詣で役立つお賽銭の仕方紹介
神社のお賽銭の作法!正しいお賽銭のやり方は?初詣で役立つお賽銭の仕方紹介神社での初詣の際のお賽銭の作法ってどうすればいいのでしょうか? 正しいお賽銭の入れ方はどうすればいいの?何か決まりや作法があるので...
初詣はいつまでやってる?二か所や複数など神社の行き過ぎは良くないって本当?
初詣は仏滅・大安を気にすべき?初詣に良い日や六曜について初詣に行く際には仏滅とか大安などの日どりを考えないといけないのでしょうか? 初詣にふさわしい日どりや六曜はいつがいいのか気になりま...
error: Content is protected !!