芸能・ゴシップ

野口僚のプロフィールや経歴・年収は?作品や受賞歴についても調査!【マツコの知らない世界】

【マツコの知らない世界】に『接着剤の世界』で登場!野口僚のプロフィールや大学・経歴はどんな感じ?職業は何をやっているの?年収はいくらくらい?野口僚の作品や受賞歴についても調査しました!

野口僚のプロフィール

野口僚のプロフィールや経歴・年収は?作品や受賞歴についても調査!【マツコの知らない世界】

2020年1月14日放送の、『マツコの知らない世界』の『接着剤の世界』に登場した野口僚さん、どんなプロフィールなのかその経歴が気になりますね!

さっそくご紹介したいと思います。

  • 名前:野口僚
  • なまえ:のぐちりょう
  • 生年月日:1991年生まれ(現在29歳)
  • 出身高校:神戸市立科学技術高等学校 卒業
  • 最終学歴:神戸芸術工科大学 デザイン学部プロダクトデザイン学科 卒業
  • 学位:学士
  • 職業:神戸芸術工科大学 実習助手
  • 資格:危険物取扱物乙種第4類 DIYアドバイザー

このようなプロフィールとなっています。

『マツコの知らない世界』では、接着剤に対する熱い想いを披露してくれた野口僚さんですが、いったいどのような人生を歩んで来て、接着剤への思いが募っていったのでしょうか?

そのあたりも気になります。

ここからは、野口僚さんの経歴などこれまでの歩みをご紹介していきたいと思います。

野口僚の経歴は?

野口僚のプロフィールや経歴・年収は?作品や受賞歴についても調査!【マツコの知らない世界】

こちらのコーナーでは、野口僚さんのこれまでの経歴をご紹介いたします。

野口僚さんは、神戸芸術工科大学を卒業後、

2013年から2015年には、「冨士ファニチア株式会社」と言う、木製家具の製造を行う会社で働いていました。

その後、2015年から2018年には「株式会社大都」と言う会社に勤務していました。

「株式会社大都」では、DIYツールの販売や、レッスンの講師、イベントの企画、そして店長なども務めていたそうですよ。

これらの経歴や職場での数々の経験の中から、家具やDIYで扱う接着剤についてどんどん詳しくなっていったのかもしれませんね。

そして、現在は、野口僚さんの母校である神戸芸術工科大学の実習助手として勤務されています。

大学に勤務しているという事は、今後は、実習助手のかたわら、さらに接着剤について研究を重ねて行ける環境にあるのかもしれませんね。

野口僚の年収はどれくらい?

野口僚さんは、今現在は、母校である神戸芸術工科大学の実習助手として勤務されています。

それでは、野口僚さんの年収はどれくらいなのでしょうか?

大学の実習助手って、あまり聞いたことがありませんが、その年収が気になりますね。

早速調査してみました。

しかし、残念ながら神戸芸術工科大学の教員の年収は公開されていません。

そこで、似たような大学の教員の年収を調べてみました。

こちらは、神奈川県にある「湘南工科大学工学部」の教員の平均年収です。

それぞれの平均年収は以下の通りです。

教授:1,188万円、准教授:972万円、講師:740万円、助教:781万円となっています。

もちろん、神戸芸術工科大学の平均年収は、湘南工科大学工学部と一緒というわけではないとは思います。

また、野口僚さんは、まだお若いですし、現在実習助手と言う事ですので、年収で見てみると、250万~300万円程度、高くても400万~500万円程度かと推察されます。

神戸芸術工科大学は私立の大学ですので、野口僚さんのこれまでの実績などが考慮されてお給料に反映されている可能性も考えられますね。

では、野口僚さんはこれまでに受賞歴などはあるのでしょうか?

野口僚の作品・受賞歴を調査

ここからは、野口僚さんのこれまでの作品の実績や、受賞歴をご紹介いたします。

  • カオス2013「途上国で現地生産する$20義手」奨励賞
  • イニシア練馬豊玉2016年 グッドデザイン賞受賞
  • セルフカスタマイズとコミュ二ティ形成を軸とした工房のあるマンション設計(工房プロデュース)

これらの受賞歴があります。

まだまだこれからの活躍が期待される、野口僚さん。

今後の活躍が楽しみですね!

お読みいただきましてありがとうございました。

error: Content is protected !!