生活のハウツー

あさりの砂抜き50度洗いで死んだ!?真水はダメ?失敗しない方法や美味しくする方法

あさりの砂抜き50度洗いで死んだ?失敗の原因は?

あさりの砂抜き50度洗いで死んだ!?真水はダメ?失敗しない方法や美味しくする方法あさりは、味噌汁、酒蒸し、ガーリックとともにパスタにするなど、どんな料理にしても美味しいですよね。

プリっとした身がとっても美味しいのですが、たまに、じゃりっと砂が残っている場合があって、そうなると、せっかく美味しいお料理もちょっと残念なことになってしまいます。

ゆっくりと一晩程度の時間をかけて砂抜きをすれば良いのですが、それほど時間をかけなくても、50度洗いで砂抜きが出来るというのです。

まずは、あさりの50度洗いの方法をご紹介いたします。

あさりの砂抜き50度洗いの方法

こちらでは、実際にあさりの砂抜きの50度洗いをする場合の、詳しい方法をご紹介します。

【準備するもの】

  • あさり 適量
  • 水 300cc程度
  • 熱湯 300cc程度
  • 平たいバット

【あさりの砂抜き50度洗いの方法】

  1. バットにあさりを並べて、水→熱湯の順に注ぐ。(注:必ず水から注ぐこと)
  2. あさりの殻と殻をこすり合わせて洗い、しっかりと汚れを落とす。(こすり洗いにより中の砂や汚れを吐き出しやすくする)
  3. 5分ほど置いて汚れを出す。(汚れが出てくると水が濁るので、その水は捨てる)
  4. もう一度、水→熱湯の順に注いで15分置く。
  5. 15分経ったら、お湯を捨てて砂抜き終了。

殻から身が出ていれば、砂抜きの完了となります。

手順としては簡単ですが、注意点があります。

50度洗いであさりが死んだ?失敗の原因はなに?

注意しなければいけないのは、水と熱湯を注ぐ場合に、必ず、水から注ぐことなんです。

当然ですが、熱湯をいきなりあさりにかけてしまうと、あさりがすぐに煮えてしまい、死んでしまいます。

また、2回同じ手順を繰り返すことでしっかりと砂が抜けるのですが、水に長時間漬けすぎると、あさりの旨味までもが逃げて行ってしまいますので、長時間つけ過ぎるのはやめましょう。

その他にも、お湯の温度が50度よりも低い場合には、あさりがの傷みが心配ですし、砂抜きも上手にできません。

また、お湯の温度が50度よりも高い場合には、あさりが煮えて死んでしまいます。

上記の手順を繰り返してもまだ水が濁るような場合には、3回目には水に漬けます。

どうして50度洗いで砂が抜けるの?

あさりが、50度と言う温度により、死ぬことなく熱のショックを受けて、殻から身を出します。

いわば、あさりがのぼせたような状態になるのです。

水に漬ける場合と違って、50度のお湯を入れるとすぐに、身を殻から出してくるのです。

また、あさりの砂抜きを行う場合、ふつうは水に塩を入れて砂抜きを行いますが、50度洗いの場合には塩を入れる必要はありません。

1 2 3
error: Content is protected !!