生活のハウツー

新入社員はメンタルが弱い?元気がなくなる・休みがちな部下をやる気にさせる方法

新入社員はメンタルが弱い?元気がなくなる・休みがちは一般的にもあるある?

新入社員はメンタルが弱い?元気がなくなる・休みがちな部下をやる気にさせる方法

新入社員のメンタルが弱く、元気がなくなったりするのは昔からあること

新しい環境に適応できずこころの病気に陥ってしまう「5月病」。

この「5月病」という言葉は1960年代から使用されているため、新入社員がメンタルが弱く、元気がなくなり、休みがちになるというのは最近に始まったことではなく、少なくとも40年前から見受けられる一般的なものであると思われます。

しかし、2002年頃から開始された「ゆとり教育」で育った世代については、いささか状況が異なるようです。

上司や先輩から見て、「えっ?こんなことで?」ということでストレスを感じたり、深く落ち込んでしまったりする傾向があるようなのです。

ですので上司や先輩は、このゆとり教育で育った若者のメンタルや育った環境などをしっかり理解することが大切であり、それを踏まえた上での対応を心掛けることが重要となってくるでしょう。

「上下関係」という人との交わりが少ない

日本という国は、昔は上下関係に厳しい国でした。

会社においては上司・先輩を敬い、家庭においては祖父母・両親を敬い、学校においては先生を敬う、年長者には絶対服従の逆らう若者のいない世界でした。

現在はどうでしょうか?

友達同士の横とのつながりはとても深いものの、学校の先生、部活動・アルバイトでの先輩後輩などの縦のつながりが浅く、この経験がとても不足しています。

つまり、社会人になるまでに「縦の人間関係の訓練が出来ていない」のです

この状態で新入社員として会社勤めをすれば、おのずと「上司・先輩と部下」という組織において当たり前の上下関係ですら耐えられなくなってしまうのです。

社会人として未熟なまま会社勤めをしている

数々の試験を突破し最終面談をクリアした新入社員ですから、自分をアピールすることも、積極性も申し分ない「能力のある社員」であることは間違いありません。

彼らに足りないのは何でしょうか

ストレスに弱い

新入社員はメンタルが弱い?元気がなくなる・休みがちな部下をやる気にさせる方法

仕事をこなさなければならないプレッシャーでストレスを感じてしまいます。

新入社員は業務経験がないので全ての仕事が初めてですから出来ないことが当たり前なのですが、「私はこの仕事を完璧にこなせる」というプライドが許さないのでしょうか。

上司や先輩にどうしたら良いのかアドバイスを頂くという選択肢も使わず、途端に弱くなってしまうのです。

困難を乗り越えられないことを他人のせいにし、自分のこととして受け止められない

新入社員はメンタルが弱い?元気がなくなる・休みがちな部下をやる気にさせる方法

仕事の進捗を問われると言い訳をし、強く叱責すると翌日から休んでしまう。

しまいには「上司や先輩が私にだけとても困難な業務を要求している」「私はとても頑張っているが上司・先輩の指導が悪いからできない」「私だけ怒られた。パワハラだ」とホットラインに電話をしたり、SNSで拡散したりするのです。

1 2 3
error: Content is protected !!