生活のハウツー

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用はNG?違いや上手に作るコツ

クーベルチュールチョコレートと市販チョコの違いとは?

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用はNG?違いや上手に作るコツ

クーベルチュールチョコレートとは厳格な国際基準を満たしたチョコレートです。

日本ではクーベルチュールチョコレートの意味合いがあいまいなところがあり、「製菓用のチョコレート」として、国際基準を満たしていないチョコレートでもクーベルチュールチョコレートと言われることがあります。

国際基準

クーベルチュールチョコレートの国際基準は以下のように定められています。

  • 総カカオ固形分35%以上
  • カカオバター31%以上
  • 無脂カカオ固形分2.5%以上
  • カカオバター以外の代替油脂は使用不可

つまりクーベルチュールチョコレートとは、市販チョコよりカカオバターが多く含まれているチョコレートということになります。

価格

クーベルチュールチョコレートは、富沢商店などの小売店で1kgあたり1,600円代で販売されているものから、ネット通販限定販売で3万円代のものまである、価格帯が非常に広い「高級チョコレート」になります

また、日本にはないもの、ネット通販でしか入手できないもの、数が少なく入手困難なものなどもあり、クーベルチュールチョコレートは「希少性の高いチョコレート」もあることで知られています

いっぽう市販チョコは、1kgあたり1,000円から2,000円代と非常にリーズナブルであり、スーパーなどでも入手できるお手軽なチョコレートになります。

1 2 3 4 5
error: Content is protected !!