生活のハウツー

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用はNG?違いや上手に作るコツ

クーベルチュールチョコレートの市販チョコ代用でオススメのチョコの種類は?

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用はNG?違いや上手に作るコツ

市販チョコは、一般的にクーベルチュールチョコレートを溶かしたものに砂糖や乳成分などをミックスして作られ、その配合によって大きく3つの種類に分類されます。

  • ビターチョコレート
  • ミルクチョコレート
  • ホワイトチョコレート

それぞれの特徴は…

■「ビターチョコレート」は、カカオにごく少量の砂糖やカカオバターなどをミックスしたチョコレートで、その名のとおり砂糖が少ないビターなテイストで、カカオの風味を楽しむことができます。メーカーによって、「ダークチョコレート」「スイートチョコレート」と呼ばれることもあります。

■「ミルクチョコレート」はカカオと砂糖に乳成分をミックスしたチョコレートです。

■「ホワイトチョコレート」は砂糖や乳成分をミックスしたチョコレートでカカオが入っておりません。その名のとおり雪のように真っ白な甘みの強いチョコレートです。

オススメは「ビターチョコレート」

市販チョコを代用する際にオススメなのは「ビターチョコレート」です。

クーベルチュールチョコレートの醍醐味はやはり「カカオの風味」と「カカオの苦味」を楽しめることですので、「ビターチョコレート」であればその醍醐味を味わうことができるでしょう。

板チョコレートを使用する

チョコレートには生クリームやナッツ類を加えたものもありますが、お菓子作りをする際にはなるべく「他の成分がミックスされていない」「フレーバー加工のない」板チョコレートを使うといいでしょう。

そのほうが作るお菓子の「味や形」を自由自在に変えることができ、また固まらないなどの失敗も少なくなります。

ブラックチョコレートを選んでみては?

各メーカーが出しているブラックチョコレートは、「甘すぎず」「リーズナブルで買い求めやすく」「硬すぎず形を整えやすい」のが魅力です。

おまけに、メーカーのサイトにも多種多様なお菓子のレシピが掲載されていて、失敗なく作ることができるのでオススメです。

チョコレート健康効果

さらに、最近の「チョコレート健康効果」により、スーパーでもカカオの含有量が%表示されているブラックチョコレートが増えてきました。

お菓子を食べて健康UPしたい方は、メーカーのサイトに「高カカオチョコレートレシピ」が掲載されておりますので必見です。

1 2 3 4 5
error: Content is protected !!