生活のハウツー

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用はNG?違いや上手に作るコツ

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用する際の上手に作るコツ!

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用はNG?違いや上手に作るコツ

クーベルチュールチョコレートで一番難しいのは、「テンパリングという適切な温度調整をしなければならないことです。

このテンパリングが不十分だとツヤや光沢のある仕上がりになりませんし、またこのテンパリングが不適切だと固まらなくなってしまいます

ですので、テンパリングの要らない市販チョコで代用したほうが上手に作れてしまうかもしれませんし、むしろ市販チョコのほうが扱いやすく上手にムラなく仕上がるかもしれません!

しかし、市販チョコで代用する際には以下2点に注意する必要があります。

「コーティング」は避けましょう

「クーベルチュール(couverture)」とはフランス語で「カバー」という意味です。

クッキーやフルーツなどの表面を覆い包むためのチョコレートという意味合いで「クーベルチュールチョコレート」という名が付けられたのです。

ですので、クーベルチュールチョコレートを使ってコーティングすると「適度な厚みでダマにならず素早く固まってくれる」のです。

いっぽう市販チョコは、前述のとおりカカオ以外の成分も多いため、固まらなかったり、薄く広がらずダマになってしまうこともあり、コーティングにはあまり適さないことがありますので注意しましょう。

焼き菓子をオススメします

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用はNG?違いや上手に作るコツ

前述のとおり、市販チョコを使って生チョコレートを作ったら固まらなかったということもありますので、生チョコレートやトリュフなど「溶かしたチョコレートを固めて作る」場合には注意が必要です。

しかし、チョコレートのマーブルクッキーやチョコレートケーキのような「焼き菓子」は固まらないことがなく、仕上がりもキレイでボリュームがありオススメです

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用はNG?違いや上手に作るコツ まとめ

クーベルチュールチョコレートを市販チョコで代用はNG?違いや上手に作るコツ

いかがでしたか?

市販チョコを代用して作る際「クーベルチュールチョコレートに近づけるか」というとことは確かに気になるところですが、何よりも大切なのは「相手を思って手作りする」ことであり、その気持ちがこもっていることが美味しさにつながるのだと思っています。

皆さまのお菓子作りが成功しますよう祈っています!

1 2 3 4 5
error: Content is protected !!