アニメ・漫画・ゲーム

ちびまる子ちゃん配慮要望に世間が注目!視聴者の切実すぎる声とは?

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」に対して、60代女性が寄せた配慮要望が切実すぎると話題になっています。

いったいどんな「配慮要望」が寄せられたのでしょうか。

その内容や、ネットの反応をまとめました。

ちびまる子ちゃんに寄せられた配慮要望(苦情)とは?

もはやお馴染みとなっていて、お茶の間をほんわかさせるあの空気感を放つ「ちびまる子ちゃん」。

一見苦情とは無縁の平和な内容に思えるアニメですが、いったいどんな配慮要望が寄せられたのかと言うと…。

「まる子が(友蔵に)ねだる話があるが…」という見出しから始まったその視聴者の声はなんと

「少ない年金の小遣いに友蔵が悩んでいるのを見ていて辛い。まるちゃんはおじいちゃん思いの可愛い子だからそんなシーンは悲しくなる。できるだけ配慮してくれたら嬉しい」

というものでした。

※友蔵はおじいちゃんのことです

たしかに気持ちはわからなくはないですよね…。

アニメなんだから、そんなところまでリアルにしなくても…と思ってしまいます。

これに対しては世間でも

  • 「こういう意見もあるのか!?」と驚く人
  • 「話が面白くなくなっていく」と不満を漏らす人
  • 「テレビを作る人たちは大変だなぁ」・「配慮ってなによ」とテレビ番組に対する世間の反応が年々厳しくなっていることに目を向ける人

など様々な人のいろんな意見が飛び交っています。

ちびまる子ちゃん配慮要望に対するネットの反応

この他にも、

配慮してほしい気持ちはわかるが、アニメに言いだしたらキリがない

あくまでもアニメだし、細かいことは気にせず楽しくみたい

と言った声もありました。

意見は様々と言えど、配慮要望に対して「それは言っても仕方ないんじゃないの?」というような内容が多く、賛成派多数という印象は受けませんでした。

と言っても、どちらの意見が多いから正しいということはないでしょうから、あくまでもネットの反応傾向は(個人的に調べた範囲では)そのように感じた。というだけですが。

ちびまる子ちゃん配慮要望(苦情)!視聴者の切実すぎる声とネットの反応のまとめ

今回は「ちびまる子ちゃん 配慮要望(苦情)」についてまとめました。

寄せられた要望の内容は、

まる子が友蔵(おじいちゃん)に小遣いをねだるが、少ない年金からお小遣いを出すのに悩んでいる友蔵を見るのがツラい。

そんなシーンを見るのは悲しくなる。

というような内容でした。

これに対するネットの声は様々でしたが、一言で言い表すと

「それは言っても仕方ないんじゃないの?」

が一番多かったように思います。

 

年金問題もそうですが、番組の製作側も視聴者からいろんな意見が寄せられているでしょうし、どの声を聞き入れて作っていくのか、本当に判断が難しく大変なところでしょうね。

今回の要望内容を見て、一部賛同できた反面、アニメはアニメと割り切ることも大切だと再認識しました。

あなたはどう感じましたか?

以上、ちびまる子ちゃんの配慮要望に関するまとめでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

管理人からのお願い

この記事を気に入っていただけたら、

  • ライン
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • フェイスブック

などでシェアお願いします。

シェアは記事上・記事下のSNSボタンから簡単に行うことができます。

error: Content is protected !!