芸能・ゴシップ

松本紀生のwikiプロフ!年齢や年収は?結婚して嫁はいる?出身や学歴経歴も調査

10月14日放送の『世界まる見え!テレビ特捜部』に、松本紀生(まつもとのりお)さんが出演されましたね。

幻のオーロラが特集されました。

言葉では説明しきれないアラスカの魅力を写真で見せてくれる松本紀生さん。

詳しく知れば知るほど、引き寄せられてしまう松本紀生さんの写真。

そんな松本紀生さんのwiki風プロフや年齢や年収など色々と調べていきましょう!

松本紀生のwiki風プロフィールと学歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsu Kannoさん(@outdoorspecialtyt.mountain)がシェアした投稿

まず松本紀生さんのwiki風プロフィールと学歴についてです。

【プロフィール】

名前:松本紀生(まつもとのりお)

生年月日:1972年2月

年齢:47歳

出身:愛媛県松山市

学歴:立命館大学を中退し、アラスカ大学へ編入

すきなもの:寄席

好きな歌手:さだまさし

好きな作家:後藤正治

職業:自然写真家

47歳ですが、写真を見るともっと若く見えますね。

自分の好きなことを仕事にされてるから、若さが保たれるのでしょうか。

松本紀生の写真家としての活動や経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Erika Hashimotoさん(@erika.hmt)がシェアした投稿


松本紀生さんは写真家としてどんな活動されているのか?

活動や経歴を調べました。

まずなぜ松本紀生さんは写真家になろうと思ったのでしょう。

大学時代に読んだ本「アラスカ 光と風」(星野道夫)が松本紀生さんの人生を大きく変えたようです。

そしてその本と出会った事から立命館大学を中退し、アラスカ大学へ編入。

アラスカでカメラやキャンプの技術を独学で勉強されたようです。

なんと現在は一年の半分をアラスカで過ごしているそうですよ。

夏は北極圏や無人島、冬は氷河の上でかまくらでひとりで生活をするそうです。

そんな生活をしながら自然の撮影をしているのです。

そして、その写真を写真集にしています。

  • オーロラの向こうに
  • アラスカ無人島だより
  • 極北のひかり
  • 原野行
  • DEEP ALASKA

などたくさんの写真集を出版しています。

彼の写真に魅了される人は多いはず。

初写真集「原野行」が講談社出版文化賞と木村伊兵衛賞にダブルノミネートされたんです。

またテレビ番組「情熱大陸」や「クレイジージャーニー」にも出演されています。

ラジオにも出演されたり、トークイベントもされたりと大忙しのようです。

松本紀生は結婚している?嫁や子供は?

松本さんが結婚されているのかについて調べてみました。

2008年頃に、淳子さんという方とご結婚されています

子供さんの情報はでてこなかったので、まだおられないのかもしれないですね。

一年の半分は松本さんはアラスカで暮らしているわけですよね?

奥さんは日本で暮らしているそうなので、松本さんの仕事に対して理解のある方と言うことですよね。

一年の半分も別々に生活していて夫婦関係が上手く行っているのか心配になりました。

アラスカにいるときは毎日、衛星電話で話をされているそうです。

アラスカにいても、きちんと奥さんの事を考えているのだと安心しました。

写真のことばかりだと、奥さんも嫌な気持ちになっていたかもしれないですが、毎日電話をしてつながっているから、二人が上手く行っているのもわかりますよね。

松本紀生さんは愛妻家ですね。

松本紀生の年収はどれくらい?

 

この投稿をInstagramで見る

 

cerさん(@chi_bo_6)がシェアした投稿


続いて松本紀生さんの年収が気になりますね。

年収を調べましたが金額はわかりませんでした。

カメラマンと言っても年収はピンからキリまでのようです。

松本紀生さんの収入源は本の出版、テレビやラジオ出演、トークイベント、など様々です。

夏と冬にアラスカ行く費用が300万円かかるそうです。

この生活を20年以上も続けられているということは、写真展や本の出版、テレビ出演などで生活出来るの収入があるのでしょうね。

松本紀生のwikiプロフ!年齢や年収は?結婚して嫁はいる?出身や学歴経歴も調査のまとめ

皆さん松本紀生さんについて色々と調べていきましたがどうでしたか?

大学を中退しアラスカ大学に編入。

そこから、カメラやキャンプの技術を独学で勉強し今の松本紀生さんがあると言うこと。

松本紀生さんにしか撮れない写真。

松本紀生さんにしか話せない話。

写真集、写真展、トークイベント、メディアなど色々な活動をされている松本紀生さんです。

一度見てみると魅了される人は多いと思います。

まだまだこれからどんな写真をとりどんな活動をされるのか、楽しみですね!

error: Content is protected !!