おっさんずラブ-in the sky-

おっさんずラブ-in the sky-第4話のネタバレ感想!黒澤が春田を諦め!成瀬がかわいいけど四宮とのやり取りに嫉妬…

おっさんずラブ-in the sky-第4話を視聴したので、ネタバレ感想を書いていきます。

今回の見所は

  • 緋夏のために春田への想いを封じる黒澤キャプテン
  • ギャグすぎる卓球大会
  • 心を開いた成瀬
  • 四宮さんと成瀬がいい感じ
  • 成瀬と仲のいい春田が嫉妬

という感じで、かなり笑えるのに、グッとくるシーンや、一緒にモヤモヤとしてしまうシーンがたくさんありました。

それでは、早速紹介していきたいと思います!

『おっさんずラブ-in the sky-』と前作『おっさんずラブ』はU-NEXTで配信中!

600円相当のポイント付きの無料トライアルでレンタル対象作品の視聴も可!

※前作の『おっさんずラブ(2018)』と『おっさんずラブ(2016)』に関しては見放題で配信中。

無料期間内(31日以内)に解約すれば無料です。まずは31日間無料体験してみましょう。

U-NEXTでおっさんずラブを見る

おっさんずラブ-in the sky-第4話の公式あらすじ

降りそそぐ雨の中、春田創一(田中圭)が副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)を抱きしめている現場を目撃し、立ち尽くす整備士・四宮要(戸次重幸)。
四宮は心配して様子を見に来た広報部の橘緋夏(佐津川愛美)に
「俺は、春田が好きなんだ」と、これまで秘めてきた思いを打ち明けてしまう。

一方、春田のことを好きだと言う娘・緋夏のために、
断腸の思いで恋愛戦線から離脱する決意をした機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)。
必死に春田を嫌いになろうとするが…うぅぅぅ…無理ぃ……。

数日後、父親の葬式を終えた成瀬が出社。
いつになく素直に、家族の話をぽつぽつと話しだす成瀬を、春田は四宮の誕生日会に誘う。

翌日、改めて行われることになった四宮の誕生日パーティーには、
胸にフクザツな思いを秘めたおっさんたちが大集結…!?

無防備かつ無邪気すぎる春田に我慢の限界を迎えた黒澤は、
突如「ここらで決着つけようか!」と、卓球大会の開催を宣言する。

スマッシュに乗せて、次々に繰り出される男たちの本音――。
果たして、愛と憎しみの卓球対決の行方は…?

引用元:「おっさんずラブ-in the sky-」公式HP

おっさんずラブ-in the sky-第4話のネタバレ

黒澤キャプテンの決意

春田にフラれたことを自覚し始めた黒澤キャプテンは、春田とすれ違ってもこれまでのようにはしゃいだ姿を見せません。グレートキャプテンとしての黒澤武蔵として振舞っているようでした。しかしそんな黒澤キャプテンの心中は、やはり春田でいっぱい…。

娘である緋夏の前でもぎこちない雰囲気の黒澤キャプテンでしたが、ついに緋夏に向かって春田が好きなのかと問い詰めます。そして緋夏が春田が好きだということを認めたことで、黒澤キャプテンは春田への想いを断ち切り、緋夏と春田の恋を応援しようと決意します。

 

一方、春田と成瀬が抱き合っているところを目撃してしまった四宮は、春田との距離感が掴めず、今まで通り接してくる春田に対して冷たい態度を取ってしまいます。

春田は悪天候でフライトが遅れたことや、成瀬の父親の件もあり四宮の誕生日会に行けなかったことが原因で、四宮が怒っていると思い込みますが…四宮の脳裏に浮かぶのは成瀬を抱きしめる春田の姿でした。

春田を嫌いになりたい黒澤キャプテン

娘の幸せのために春田への想いを封印しようとする黒澤キャプテン。

春田の写真を眺めながら「大っ嫌い」と唱えて自分に言い聞かせようとしますが…そこへ春田がやってきて、翌日に寮で改めて四宮の誕生日会をするから黒澤キャプテンもと誘います。

そんな春田を、黒澤キャプテンは嫌いになれないのでした…。

心を開き始める成瀬

天空ピーチエアラインが出来てから、初めて導入された飛行機のラストフライトが近づいていました。当日はファンの方も訪れるので、CA達は機内販売の売り上げを伸ばすチャンスだと打ち合わせをします。

春田もCAなので機内販売を行っていますが、これまでの売り上げは0…。春田はお客様に声をかけるのが苦手なのでした。

1人でお客様に声をかける練習をする春田に、「じゃあエビグラタン15個ください」と声をかける人物がいました。その正体は成瀬。

成瀬の父親の件で春田が必死になって駆け付けた件で、成瀬も春田に心を開き、2人はすっかり打ち解けた様子です。自分の父親はひどい奴だったと言いながらも、あの時春田に会ってなかったら、病院には行ってなかったと言い、それでは後悔していたはずだと春田にお礼を伝えます。

四宮の誕生日会で嫉妬する黒澤キャプテン

翌日、四宮の誕生日会をするために黒澤キャプテンは寮に来ていました。

  • 春田
  • 黒澤
  • 成瀬
  • 四宮
  • 道端(まだあまり出番がない整備士 通称ミッチー)

の5人が鍋の乗ったテーブルを囲みます。

春田と黒澤キャプテンが隣同士で座り、向かい側に成瀬と四宮と道端が座る形になりました。

春田と成瀬が仲良くしている様子を見て、黒澤キャプテンの脳裏にはキスをする春田と成瀬の姿が浮かびます…さらに四宮が春田を好きだということも脳裏をよぎります。

 

黒澤キャプテンは春田を諦める決意をしましたが、それは娘の緋夏のため。春田が成瀬や四宮と結ばれるとなれば話は別です。

思いつめた黒澤キャプテンは、ついにテーブルを叩いて立ち上がり、宣言します。

「そろそろ決着をつけようじゃないか。」

黒澤杯 卓球大会という名の告白タイム

決着をつけようと立ち上がった黒澤キャプテンは、「黒澤杯 卓球大会」という謎の大会を開催します。

これは黒澤キャプテンが各々に疑問を投げかけながら卓球を打ち合うというもの…。

そこで成瀬は春田にしたキスはなんだったのか?と問われ、四宮はもっと自分に正直になった方がいい、どうしてそんなに自分を抑えられるのか?と問われます。

成瀬・四宮・黒澤キャプテンは春田のことを話しているという共通の認識がある中、1人だけ何の話をしてるのかわからない春田に、成瀬が「あんたの話だよ!」と言い放ちます。

さらに四宮が春田のデッサンを描いていたことについても、「(春田のことが)好きってことだよ!」と伝え、黒澤キャプテンも春田に好きという気持ちを伝えて、成瀬以外全員の気持ちが春田に伝わったのでした…。

黒澤キャプテンと涙の別れ!四宮の男気

夜になり、誕生日会から帰る黒澤キャプテンを、春田は追いかけて呼び止めます。

黒澤キャプテンは春田への想いを自分でもコントロールできない様子ですが、「いい迷惑だよな」と悲しげに語ります…。春田は言葉を詰まらせながらも、黒澤キャプテンをそういう意味での好きにはなれないと伝えるのでした。

黒澤キャプテンは「わかっている」と言い、春田を困らせるつもりはないし、父親として娘の緋夏(の恋)も応援してやりたい、だからもう春田を好きになるのはやめると語ります。

でも本気で春田を好きになってしまった黒澤キャプテンは、すぐに想いを消し去ることができません。「でも…もう少しだけ時間をくれ。そうすれば…ただのキャプテンに戻るから」と涙ながらに語るのでした…。それを見た春田は思わず謝ってしまいますが、黒澤キャプテン、そんな春田を見て、優しいな…だから嫌いになれないんだよ…と泣きながら去っていきました。

 

春田は卓球大会で知った四宮の自分への想いが真実であるかどうか確かめるため、寮へ戻ります。そして四宮に直接「俺なんかのどこが…いいの?」と聞きます。

しかし四宮はあくまでも自分の想いを語ろうとはせず、「誰がお前なんか…。あいつ(成瀬)の冗談に決まってんだろ」と春田を突き放します。

さらに「お前には緋夏ちゃんがいるんだから、大切にしてやれ。緋夏ちゃん泣かせたら許さないからな。」と、恋敵である緋夏と春田の恋を応援するセリフを残して去っていきました。

ラストフライト前のトラブル!心を開いた成瀬は…

天空ピーチエアラインに初めて導入された飛行機のラストフライトが翌日に迫る中、成瀬が(飛行機が)オイル漏れしているのではないかと不安を口にします。

それを聞いて四宮たち整備士チームは大慌てで整備へ向かいます。

心を開いた成瀬に四宮が「かわいい」

春田が寮に帰ると、四宮の姿はまだありませんが、成瀬がいました。

成瀬はすっかり心を開いていて、春田に大好物のグラタンを分けようとするほど。春田と成瀬の2人は一緒に食事をしながら、春田が黒澤キャプテンや四宮の想いを知って戸惑っている件について語り合います。

どう接していいのかわからない春田に、「向こうが折り合いをつけることであって、あなたが変わる必要はない」とアドバイスをする成瀬。

成瀬はその後、ラストフライトに間に合わせるために必死に整備作業をしている四宮のもとへ向かい、おにぎりを差し入れました。人に買うのが初めてだった成瀬は、たくさん買ったおにぎりの具が全部同じだったことを四宮に指摘されますが、同時に「かわいい」とも言われます。

さらに四宮と2人きりになった成瀬は、「あの人の事 なんで 好きだって直接言わないんですか?」と春田の話を持ち掛けます。

しかし四宮は自分には幸せになる資格はない、今のままでいいんだと言い、さらに今度は成瀬に向かって「おまえはどうなんだよ」と問い返しました。

成瀬は四宮の誕生日会で行った卓球大会のことを思い出しながら、自分はみんなみたいに誰かを本気で好きになったことが1度もないと、羨ましそうに語るのでした。

成瀬と四宮がソファで添い寝。それを見た春田の心中は…

成瀬のアドバイスもあり、無事に飛行機の整備を終えた四宮。

疲れ切ってソファで成瀬と2人で眠ってしまいます。

そこへ差し入れを持ってきた春田が現れ、2人が肩を寄せ合いながら眠る姿を見て、複雑そうな表情。

時間が経っても自分の心がわからないのか、春田は暗い雰囲気になっていましたが、そこへ成瀬がやってきて春田を励まします。成瀬と和気あいあいと話してすっかり気持ちを切り替えた春田は、笑顔でラストフライトへ旅立つのでした。

四宮と緋夏!宣戦布告

前回、四宮の想いを聞いて驚いていた緋夏ですが、気持ちの整理がついたのか四宮のもとを訪れます。

そして、自分も春田が好きなことを告げ、これまで通り仲良くしたいと伝えた上で、「私たち、ライバルですね!」と手を差し出します。

四宮も最初は複雑そうでしたが、くったくのない笑顔で四宮の手を取り「よろしくね!」とはしゃぐ緋夏を見て、笑顔を取り戻して「おう!」と答えるのでした。

2人分のチケットとすれ違う思い!そして現れた四宮の息子

無事にラストフライトを終え、機内販売も好調だった春田は、上機嫌で寮へ戻ります。

手には2人分のチケット。成瀬が読んでいた本を見て、成瀬が古墳好きなのを知っていた春田は、2人で世界の古墳を見られるようにチケットを用意していたのです。

さっそく成瀬を誘おうと成瀬の部屋に向かいますが、そこには四宮がいました。

副操縦士なのに整備士の分野まで知識を持っていて、飛行機整備のアドバイスをくれた成瀬に対し、知識を褒めていました。

それに対して普段見せないような笑顔で飛行機が好きなだけだと語る成瀬。

その笑顔を見た四宮は、「そういう顔してたほうが、かわいいよ」と、成瀬をかわいがるように頭にポンっと手を乗せ言います。

楽しそうにじゃれ合う2人のやり取りを影から見ていた春田は、握りしめていたチケットを握りつぶし、その場を去ります。

しかし春田は、自分がなぜ不満に感じたのかわからず、混乱してしまうのでした…。

 

翌日、春田が社内を歩いていると、社員しか入ってはいけない場所に男の子の姿がありました。話を聞こうとすると男の子は「お父さんいますか?」と言うので、春田が「名前は?」と聞き返すと、「四宮。四宮要」と告げられます。

なんと突如現れた男の子は、四宮の息子だった…!?

おっさんずラブ-in the sky-4話の感想

今回は成瀬が急激にキャラ変した回でした笑

春田だけじゃなく、黒澤キャプテンや四宮さんにまで心を開いて笑顔を見せたり、冗談を言ってじゃれ合うようになっていました。

最初は春田にだけ少しずつ心を開く…的な感じを予想していたので、今回の豹変ぶりには正直戸惑いもありましたが、放送が終了する頃にはすっかりと馴染んでいました。このあたりは成瀬を演じている千葉雄大さんの演技力かもしれません。

それから…今まで以上にギャグ回だったとも言えそうです。四宮の誕生日会や、突然始まった黒澤杯(卓球大会)と、そこで騒ぎまくる黒澤キャプテンが今まで以上にコメディ感満載で、ちょっとやりすぎかと思うほど笑

四宮さんは相変わらず控えめなのに良い所を持っていくキャラクターで、憎めませんが、春田が好きだったはずなのに成瀬とイチャイチャは………イイゾ…モットヤレ!

緋夏ちゃんは四宮さんにライバル宣言しながらも良い子すぎるし、可愛げがあるだけに「おっさんずラブ」というテーマの都合上、脱落が見えているのがツラいですね~。

4話にして早くも春田が成瀬に恋心を抱いていそうな描写も見られましたし…せっかく黒澤キャプテンが緋夏ちゃんと幸せになるように、と自分の気持ちを押し殺して身を引いてくれたのに無慈悲でした笑

しかしこのまま春田→成瀬の一直線ルートだと「結局春田は若いイケメンが好きなんかいっ!」と、少し面白みに欠ける感じもするので、今後はもう少しあっちこっちに揺れ動いて視聴者を翻弄してほしいですね!

個人的には四宮さん推しなんですけど…控えめなのに男らしさを感じるし、毎回輝いてる…。でもちょっと幸薄そうな感じするんですよね(失礼)

幸せになる資格がない…と自分で言っちゃう四宮さんだからこそ、幸せになって欲しい!

おっさんずラブ-in the sky-4話を観た人の感想

おっさんずラブ-in the sky-4話の感想まとめ

今回も見どころ満載のエピソードでしたね。

相変わらずテンポがよくて、笑いあり涙ありの展開に飽きずにどんどん惹き込まれていきます。

次週予告では春田がキスをしていましたし…四宮さんの息子(隠し子?)も登場して、ますます盛り上がりそうですね!2話で緋夏ちゃんとキスしようとしてたのに、緋夏ちゃんへの想いはどうなったんだ…と気になる部分もありますが、次の放送日が待ち遠しいですね。

というわけで、今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!