社会・政治

中曽根康弘 元首相(総理大臣)の功績は?妻や息子・孫はいた?寝たきりの噂についても

2019年11月29日、元内閣総理大臣中曽根康弘さんが逝去されました。

亨年101才、大正時代に生まれ昭和、平成、令和と日本の歴史にどう関わってこられたのか。政治家としてどのようなことを成し遂げてこられたのか。

ご家族も政治家のご一家なのでしょうか。

中曽根康弘 元首相(総理大臣)の功績は?

中曽根康弘さんは1918年(大正7年)5月、群馬県高崎市に生まれました。そして東京帝国大学(現在の東京大学)法学部政治学科を卒業後、内務省へ入ります。

太平洋戦争中は海軍に入り、終戦後はまた内務省へ戻ります。そして1947年(昭和22年)衆議院議員へ初当選、戦争が終わってまだ2年しか経っていない頃です。

その後、1955年(昭和30年)に自由民主党が設立されると自民党の議員として活躍し科学技術庁長官、運輸大臣、運輸大臣、防衛庁長官、通商産業大臣、行政管理庁長官など次々と閣僚を経験し、1982年には総理大臣となります。

議員就任中は下記のような功績があります。

1955年(昭和30年)原子力基本法の設立(原子力の研究、開発、利用促進に関して定めた)→1959年原子力委員会の委員長就任

1966年(昭和41年)中曽根派結成

総理大臣就任期間は5年間でしたがその間に国鉄(現在のJR)、電電公社(現在のNTT)、専売公社(たばこや塩など)、日本航空の民営化などを行っていきます。

また、海外との関係では総理大臣就任中にアメリカへ訪問する前に韓国へ寄って急いで日本と韓国の修復を図ります。

アメリカとの関係では当時の大蔵省などの反対を押し切ってアメリカが執心していた防衛費の増加などを決着させ、日本海狭封鎖発言などでアメリカとの信頼関係を取り戻します。

その頃、米大統領であったロナルド・レーガン大統領とは「ロン・ヤス」と呼び合うほどの個人的に親しい関係を築き日米安全保障体制を強化していきました。

そして日本は積極的な防衛制作が可能となり米軍との関係はもっと密接に繋がっていくようになっていきます。

米国との関係だけではなくソビエト(現ロシア)との関係においても1985年(昭和60年)に当時のソビエトの書記長であるゴルバチョフとの首脳会談も実現させました。

中曽根康弘 元首相(総理大臣)が寝たきりだったという噂について


中曽根康弘元首相は101歳という高齢までお元気だったようです。政界は2003年(平成15年、86才)に引退されていますが、その後新聞などに記事を投稿したり、テレビインタビューなどでも出演されています。

NHKのニュース映像では2018年にも出演されています。

政界引退後にも新憲法制定を目指す超党派(党派をこえて関係者が協力すること)の国会議員らでつくる団体の会長も務められています。

内政や外交などに関して、ご高齢になられても積極的に発言をなさっています。

中曽根康弘 元首相(総理大臣)に妻や息子・孫はいた?

中曽根康弘元首相のお孫さんは中曽根康隆衆議院議員です。写真で見るように大変仲の良いご家族のようです。

衆議院議員に初当選直後、祖父である中曽根康弘元首相に報告へ行ったとき「しっかりと歴史を学びなさい。政治家は先見性を持つためには過去を知らなければならない」と厳しく言われたとのこと。

その思いを引き継ぎ、国会議員としてしっかりと頑張りたいと強く思われたそうです。

中曽根康弘元首相の息子さんは康隆議員のお父様になられるのですが、やはり政治家の中曽根弘文(ひろふみ)氏です。

1945年11月生まれで2019年現在、衆議院議員として活躍されています。ですので、中曽根元首相の息子さん、お孫さん、双方ともに政治家ということですね。

NHKのインタビューで中曽根元首相の息子である弘文氏はお父様である中曽根元首相のことを「常に一生懸命勉強する人であった」と語っていらっしゃいます。

そして「戦後の日本をどのように復興していくかということが政治家としての出発点だったと思う」と語っておられます。

最後に中曽根康弘元首相の奥様ですが、お名前は蔦子さん、夫である中曽根氏が総理大臣就任中はファーストレディとして5年間、役目を果たされてきたことになります。

ご出身は東京で明治大学教授の娘として生まれ中曽根元首相とご結婚後は政治家の妻として、また母として祖母として2012年に91才で逝去なさるまでしっかりとご家族を支えてこられました。

中曽根康弘元首相は101年の人生という長い歴史の中で常に日本の将来を考えてこられたのだろうと思います。

息子である中曽根弘文衆議院議員、そして中曽根康隆衆議院議員がこれから中曽根康弘元首相の意思をどのように引き継がれていくのでしょうか。

中曽根康弘元首相のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

error: Content is protected !!