グランメゾン東京

グランメゾン東京 第7話ネタバレ感想!トップレストラン50の順位発表!グランメゾンはエスコフイュを超えられるのか

今回いよいよトップレストラン50の発表があります。何位になるのかが非常に楽しみですが、その前に嵐がやって来て、一波乱起こります。

今回のテーマは、家族の在り方といったところでしょうか。一流レストランであるグランメゾン東京と「家族」。この相容れない二つのテーマが混ざった時、どのようなストーリーを紡ぎだすのか。

グランメゾン東京 第7話公式あらすじ

ついに幕を開けたトップレストラン50の発表セレモニー。

相沢(及川光博)は並々ならぬ覚悟で迎えていた。

というのも、発表の一週間前に、失踪していた妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が突然『グランメゾン東京』を訪れ、娘のアメリー(マノン)をパリに連れて帰ると言い出したのだ。アメリーを引き止める条件は、グランメゾン東京がトップ10を超えること。

尾花(木村拓哉)も気合が入っていた。なぜなら、10位はかつてエスコフィユが獲得した最高ランクだったからだ。そんな中、尾花は、相沢のためにあることを思いつく。

一方、丹後(尾上菊之助)と祥平(玉森裕太)も日本トップを取るために、力を尽くしていた

こうして、それぞれの料理人が想いを込めて挑んだ戦いに、いよいよ決着の瞬間が訪れようとしていた。壇上のリンダ(冨永愛)によって次々と読み上げられていくランキング。

果たして『グランメゾン東京』の順位は?!

【引用元】「グランメゾン東京」公式HP

グランメゾン東京 第7話 ネタバレ

トップレストラン50 発表セレモニー

リンダ(冨永愛)が登壇し、トップ50の発表が始まりました。

えらく緊張する相沢(及川光博)。優しく声をかける京野。その理由とは・・・。

発表一週間前

新しく加入したシェフ見習二人に、お兄さん風を吹かしながら指導する芹田(寛一郎)。

その芹田に、ホッキ貝の下処理を任せる尾花(木村拓哉)。砂を残すなんてありえないからなと、注意を促します。

「デートの時間なんで」と倫子(鈴木京香)に伺いを立てて店を後にする相沢(及川光博)が向かった先は、保育園。おばあちゃん(木野花)が既にお迎えにきていますが、娘アメリー(マノン)の顔だけ見て、職場に戻ります。

突然やってきた嵐

青いコートを着た髪の長い女性がグランメゾン東京に現れました。

京野(沢村一樹)が、「エリーゼ」(太田緑ロランス)と名前を呼びました。エリーゼは相沢がここで働いているかと問い、なんでまた一緒にやっているのかと疑問を投げかけました。尾花は、三つ星をとるのに必要なんだと答えました。

青いコートの女性は、アメリーの母親、エリーゼでした。

エリーゼは続けます。

エスコフイュで相沢が働いていた時にも三つ星を取ったら辞めるとずっと言い続けていた。でも、いつまでたっても三つ星なんて取れなかった。

保育園から戻って来た相沢がエリーゼを見て、「今までどこに行ってたんだ。ずっと探してたんだから」と、エリーゼを責めました。

あなたとは終わり。アメリーを引き取りに来た。三つ星を狙っている人が子育てと仕事を両立できるわけがない。とエリーゼは答えました。

相沢がパリに戻っても二人でやっていけるのかと問うと、パリにいるパートナーは実業家で、アメリーと一緒に生活しても良いと言っている。三つ星なんて叶わない夢を追っている馬鹿な料理人なんかよりよっぽど誠実な人と矢継早に言いました。

尾花がそれを聞いて怒ります。

グランメゾンはエスコフイュを超える。

エリーゼは、エスコフイュのトップレストラン50の最高位を尾花に尋ねました。尾花は、10位だったと答えます。エリーゼは、トップレストラン50の10位を越えて見せて。10位以内に入らなければアメリーをパリへ連れて帰ると言いました。尾花は、越えたら相沢のことを素晴らしい料理人として認めろと言いました。

オープンして一年も経ってないお店が10位以内に入るのは無理だと倫子が、実績が無さすぎだと京野が、日本のレストランが20位以内に入ったことが無いと久住が言いました。

フランス時代の思い出話

ホテルが取れず、倫子の家でお世話になるエリーゼ。京野、尾花、倫子、エリーゼの四人で飲み始めました。

尾花が倫子の家に居候していると知ったエリーゼは二人の関係を疑いますが、倫子が即座に否定し、尾花が入っていいのはトイレとキッチンだけだと説明します。それを聞いたエリーゼが倫子に尾花には気を付けるように言いました。

尾花が昔エリーゼの友達に手を出したことがあり、料理を優先した尾花はその彼女をすぐに捨ててしまいました。それに腹を立てたエリーゼがエスコフイュに怒鳴り込みに行き、彼女をなだめ、尾花をフォローしたのが相沢でした。

そして二人は恋に落ち、結婚。その後、エスコフイュではお誕生日を祝うなど、家族ぐるみの付き合いをするようになったのです。

エリーゼは話します。新婚当初は楽しかったけど、三つ星を狙いだしてから、みんなが辛そうだったと。料理人は色んなものを犠牲にしている。ミシュランが憎かったと。

尾花は夜中に一人、誰かに電話をし始めました。

翌日

倫子が京野、尾花、相沢を呼び、相沢にしばらく休みをとるように促します。エリーゼとじっくり話し合った方がいいからと。戸惑う相沢。尾花がすかさず阻止します。その日の仕入れによって異なる食材が入って来た時、メニューの調整に相沢は必要だし、新メニューを今から作るからと。

そこへ峰岸(石丸幹二)が大きな箱を抱えて入ってきました。夜中の尾花の電話の相手は峰岸でした。特別にお願いしていたのです。中身は、数種類のキノコ。尾花は「エリーゼのために」仕入れたと言います。相沢は、これは俺の問題だから、家で作ると言いました。

そのやり取りを見た久住が京野にこのお店が尾花にずっと振り回されていると意見を述べました。結局あの事件の犯人は誰だったのか、あの三年前の事件で皆、色んなものが壊されたのに、納得できるのかと疑問を投げかけました。

トップレストラン50まであと5日

グランメゾン東京が定休日の日中、芹田が一人で突然gakuを訪れました。アポ無しで日中にやってきた芹田に苦言を呈す江藤(手塚とおる)に対し、これまで受け取っていたお金をすべて返し、グランメゾン東京でやっていくと宣言しました。

突然のことに驚く江藤。そして、たまたま通った丹後(尾上菊之助)と祥平(玉森裕太)がgakuを出ていこうとしている芹田を見かけ、祥平が呼び止めました。祥平は丹後にグランメゾン東京の見習いだと紹介しました。丹後はすぐに江藤と芹田の関係に気付き、事実を確認すべく芹田を問いただしました。

「もう、ださいことは止めました。伝説のレストランの立ち上げスタッフなんで。」と芹田は告げました。それを聞いた丹後は大笑いし、グランメゾン東京の情報ばかり得ていてはフェアじゃないからと芹田に厨房を見せると言い出しました。湿度や温度を徹底管理し、燻製、乾燥、塩漬け、熟成等、あらゆる方法で保存しておくのがgakuのやり方だと。

素材の味を生かした料理を提供いているグランメゾン東京とは違い、できる限り人の手を加えて料理人の知識と技術を総動員し作るのがgakuの料理だと言う丹後の説明を聞いて、すごさに感動した芹田は、店によってこだわりが違うこと、料理の世界がまだまだ奥深いことを知り、「料理人ていいっすね」と笑顔でコメントしました。

丹後はそんな甘いもんじゃないと否定します。グランメゾン東京が10位以内を狙っていると聞いた祥平は、オープンして一年以内の店では不可能だとコメントしました。gaku の目標は、20位以内で、日本一の称号を得ることだと丹後は話しました。

アメリーの発熱

公園でエリーゼと遊ぶアメリーをベンチから眺めている相沢の元に尾花と倫子が車でやってきました。エリーゼがアメリーに突然会いに来たと相沢は言います。

その後、場所を移動し、エリーゼと相沢が話し合いを始めました。そこに何故か倫子と尾花が同席していました。裁判も辞さない覚悟だとエリーゼは言い出したその時、相沢の携帯が鳴りました。おばあちゃんと先に帰っていたアメリーが熱を出したのです。

一緒に行くというエリーゼを相沢は断り、送っていくという尾花の誘いを快諾しました。エリーゼは残された倫子にお願いがあると言いました。尾花は相沢のキッチンで、アメリーの大好きなフランボワーズのゼリーを作っていました。完成したところに倫子が「お届け物」を持ってやってきました。

アメリーは尾花の作った大好物のフランボワーズのゼリーを一口も食べません。しかし、倫子の「お届け物」を見たアメリーは、ママが作ったとすぐに気づき、完食しました。それは、エリーゼがアメリーのために作ったライスプリンでした。

甘ったるくて、火の通りも微妙だと尾花は言いますが、フランスではママが作る定番の回復食だと倫子がおばあちゃんに説明しました。余計なことをしたと相沢は少し倫子に怒り気味ですが、エリーゼが一生懸命作っていたこと、ママの味が最強だと倫子は言いました。

熱を出すといつもママの作ったこのライスプリンを食べていたの?とアメリーに聞き、そうだとわかると相沢はぼそっと「パパは何も知らないなぁ」と悔しそうな情けなさそうな表情で呟きました。ドアの外にいた尾花を呼んで内緒話を始めるアメリー。それに笑顔で尾花は応えました。

一方、倫子は帰宅し、エリーゼの作ったライスプリンの味見をしてみました。甘ったるさにびっくりする倫子。エリーゼは、自分は料理人じゃないし、アメリーは熱が出たらこれしか食べないと説明しました。

倫子は、エスコフイュのように家族ぐるみの付き合いがしたいから、アメリーが治ったら、グランメゾン東京に食べに来てよとエリーゼに声をかけました。

キノコ

峰岸の持ってきたキノコは、ショウゲンジ茸、なめこなど数種類ありました。エリーゼのためのだけの新作用です。味付けは、エリーゼの好みがわかっている相沢の指示に否応なしに尾花は従いました。キノコの料理を考案しながら、エリーゼのことを話す相沢。尾花にアメリーがエリーゼといた方が幸せなのかなと呟きました。

レストラントップ50発表前日

グランメゾン東京のスペシャルランチ限定一組に相沢ファミリーを招待しました。

普段ランチはやっていないけれど、アメリーが元気になったお祝いと尾花が説明しました。

エリーゼの好きなオンシジウムの黄色い花をテーブルに飾りました。京野が覚えていたことに驚くエリーゼ。

倫子が、「オーダー、本日のスペシャルコース3名様、お子様1名様」と声高らかに叫びます。

アメリーにはかわいいミニオムライス、大人には、前菜。二品目のヤギのミルクのババロアは大人も子どもも関係なく提供されました。三品目のナスの白レバーのプレッセが続きます。アメリーが、チョコが入っていること、パパのアイデアであることをエリーゼに教えます。エリーゼはなぜ知っているのかと優しく問いました。相沢の家で研究し、アメリーにも試食してもらったことを相沢が話しました。

エリーゼは、どの料理を食べてもうつむき加減で笑顔がありません。一口だべるごとに不機嫌になっているようにも見えます。一通り料理が終了し、相沢がおばあちゃんに目配せをします。おばあちゃんとアメリーは先に帰ることに。アメリーが紙袋を尾花に手渡して、帰路につきました。

ガレットシャンピニオン

スペシャリテ行きますと倫子がスタッフに一言声かけました。相沢が客席から厨房に移動、みんなで料理を作り始めました。それを見つめるエリーゼ。

「ガレットシャンピニオン。手で巻いて食べて」と尾花がエリーゼに言いました。相沢と尾花が峰岸のキノコを使って開発したガレットです。エリーゼのためだけに作った一品だと言うことを付け加えます。

食べた瞬間、笑顔になるエリーゼ。しかし、一口食べて、ガレットシャンピニオンを強くお皿の上に置きました。そしてエリーゼは、今まで抑えていた感情を爆発させました。

どの料理もおいしい。でも、それが嫌。寝る間を惜しんで作ったんでしょ。そこまでする人にアメリーを任せられない。

エリーゼのために

怒るエリーゼに、「本日最後の一品です。」と尾花が低いトーンで言いました。

「もうあなたの料理なんて食べたくない。」とエリーゼが拒否しました。

すかさず尾花が「うちの店の料理じゃない。フランボワーズのゼリー。アメリーという料理人があなたのためだけに作った。」と説明しました。

「ママに帰ってきてほしいから、作り方を教えてほしい」と病床でアメリーに尾花は依頼されたのでした。

「maman」とゼリーの上に書かれた文字を見て、涙を堪えながらゼリーを食べるエリーゼ。

相沢が、家で仕事するようになり、アメリーと一緒に料理をする機会が増えたことを説明しました。エリーゼは、あの頃もそうしてほしかったと言って涙を流しました。相沢は、続けてアメリーをパリに連れていくようエリーゼにお願いしました。もっと料理を作りたい。アメリーがいるとそれができないと。加えて、新しいパートナーとの幸せを願っていると取り繕った笑顔で言う相沢でした。

エリーゼは、本当はパートナーなんていない。パリに戻っても一人でアメリーを育てないといけないことを打ち明けました。相沢は、三つ星をとったら辞めるから、僕もパリに連れていってくれないかなとお願いしました。

エリーゼは、前も三つ星を取ったら辞めると言ってたけど結局無理だったと反論し、相沢は今度はやれると言い切りました。それを受けて尾花が明日は10位以内を狙う。エスコフイュを超えると断言しました。そうなったらやり直してほしいとエリーゼに懇願する相沢。無理な夢を追うのは止めようと考え直すことになるんじゃない?とエリーゼは言いました。

トップレストラン50 ランキング発表

ランキングはどんどん進んでいきます。gakuもグランメゾン東京もまだ名前が出てきません。初エントリーで20位以内は前例がないと久住が言います。やっぱり駄目だったかと諦めかけた時、トップ20の発表が始まりました。一向に名前が呼ばれないgakuとグランメゾン東京のメンバーは気が気ではありません。

「at 10th place グランメゾン東京」

グランメゾン東京のスタッフが立ち上がり、歓喜に包まれます。思わず叫び尾花に抱き着く倫子。しかし、尾花は睨むように正面を見たままでした。凄いよと倫子に声をかける相沢に、尾花は「本当にごめんな」と一言謝りました。座り込む相沢。エスコフイュを超えることはできませんでした。

グランメゾン東京が10位に入ったのを受け、江藤は10位以内にgakuがランキングするのは無理だと肩を落とします。

「at 8th place gaku」と発表された瞬間、会場が静寂に包まれました。その後、皆が驚き、大歓声が起こりました。丹後が祥平と抱き合い喜びを分かち合います。

尾花が退室し、廊下で「くっそーーーーー」と叫びました。会場内では相沢が人知れず涙を流していました。

別れの時

エスコフイュで三つ星が取れなくて、相沢が追い詰められいくのを見ているのが辛かった。そして、あの事件ですべてが無駄になった、とエリーゼが胸の内を吐露しました。

グランメゾン東京の料理はエスコフイュより美味しかった。今度こそ三つ星を取ってよ。相沢に取らせてあげてよと尾花を激励するエリーゼに、「約束する」とフランス語で尾花が答えました。

皆でリムジンバスに乗り込むエリーゼとアメリーを見送ります。

リムジンバスから降りてきたアメリーは三本指を立てて、待ってるから頑張ってねってママが言ってると相沢に伝え、再びバスに乗り込みました。相沢は泣いていました。

告白

倫子の家で、京野、倫子、尾花の三人で軽く打ち上げです。

倫子が「世界10位!」、京野が「倫子シェフに乾杯」と声高らかに乾杯の音頭を取りました。

倫子はエリーゼにパートナーがいないことに気付いてたと二人に打ち明けます。なぜ相沢に教えてあげなかったのかと問う尾花に、倫子はこれまでの自分の男性遍歴がどうしようもない料理人ばっかりだったから、エリーゼの気持ちに同調して言えなかったと説明しました。

ついでに、どうしてそういう人に惹かれるのかなぁと自問自答していました。それを聞いて尾花の顔を見る京野。自己分析して納得したのか、母親が愛人に一生を捧げたわけだと話す倫子。倫子が愛人の子で、愛人だったお母さんが、この家をもらい受けたことを初めて知り、驚く京野。既に知っていた尾花に嫉妬します。

そして、倫子のお母さんが育てていた糠床を今は尾花が面倒を見ており、その漬物を京野にふるまいました。尾花と倫子は今度糠床に何を漬けるか話し合っていました。

京野は突然テーブルを強くたたき、怒り出しました。そして、漬物が漬かり過ぎなこと、続けて尾花がこの家に居すぎなことを咎めだしました。

驚く二人にたたみかけるように京野が続けます。二人だけの時間をこの家で積み重ねていくのが気に入らない。マネジメントする人間が言うのは良くないと前置きしながら、倫子のことが好きだと告白し、尾花に一刻も早くここから出て行くように告げました。

グランメゾン東京 第7話 感想

何気に恋話が二つ進行した第7話。そういうドラマの展開になるのねって思いながら見ていました。

熟年と言ったら怒られるかもしれませんが、結構ストレートに感情を表現する京野を見て、年齢がそうさせるのか、もう我慢の限界だったのか、京野はそういう性格だったのかと色々考えてしまいました。

開業一年未満のお店がトップレストラン50の中の10位に選ばれる。ドラマだからこういう展開ありとして見るべきか、それだけすごいお店だという表現と見るべきか・・・。それでも10位はちょっと出来すぎじゃないかと。軌道に乗り出したのも最近だし・・・。エスコフイュで最高10位だったのに・・・。日本のレストランで20位内に入った店はなかったのに・・となかなか無茶な設定だなと思いながら見ていました。

グランメゾン東京 第7話 見た人の感想

グランメゾン東京 第7話 まとめ

今回は相沢家に関して、一言でいうと雨降って地固まると言ったところでしょうか。気になるのは、今回大人しかった久住栞奈が今後どう動き出すのかということ。

エリーゼも三年前の事件で翻弄された一人だったと言うことがわかりました。他にも被害者はいるのでしょうか。

それと京野と倫子と尾花は三角関係になるのか。20-30代の頃の若かりしキムタクが恋愛ドラマでしていたような告白を今回この日曜劇場でするのか?それを見たアラフォー以上のファンが以前のように「キャー」と黄色い悲鳴を上げるのか、楽しみが一つ増えました。

ますます目が離せないグランメゾン東京。今後の展開が楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!